供託金制度を廃止し、代わりに議員の立候補を免許制にしよう。

ゼゼヒヒ・インターネット国民投票 『選挙の供託金は必要?』があったので、供託金は不要に投票した。
資産の有無で参政権が制限されるのは、公平性から見て問題だし、供託金の価格の高さが二世議員の跋扈にも繋がっている。
供託金を廃止し、代わりに議員の質を保障するために、立候補権を免許制にした方がいい。
試験と実績によって参政権を与える方式に変えれば、安易な二世議員やタレント議員の排除にもなる。

関連
国会議員が身を切るのに一番手っ取り早い方法とは?
日本の供託金は、イギリスの33倍、カナダの43倍、韓国の2倍、オーストラリアの60倍、シンガポールの4倍