都知事選?興味ないよ

都知事選は正直、棄権しようかと思ってる。
ハッキリいって馬鹿馬鹿しい。
舛添の当選はずいぶん前から確実視されている上に、細川&小泉支持者と宇都宮支持者の罵り合いが延々と続く。当初の目的はどこへやら。そんなTLに流れる有様を見て、私はすっかり興味を失ってしまった。

都知事選で声高に叫んだ主張も、秘密保護法反対運動の時の様に、一ヶ月も経てば誰も彼もが健忘症の様に忘れるだろう。
今回もそうなんでしょう? 細川&小泉、宇都宮両陣営の支持者の皆さん。
脱原発運動とやらも一部の人が熱心で、ほとんどの人はただの流行で参加しただけ。
やっぱり半年もすればすっかり忘れて、脱原発?どーでもいいよという世相。

あの官邸前に集まった膨大な人の波は一体なんだったんでしょうねえ?
ただのファッション? それとも雰囲気?
総選挙の結果は、原発推進自民党の歴史的大勝利だったね。
自分達のやった事、言った事を1年も経たずに忘れてる人々には、私はもう何も期待できないな。

民主主義を殺すのは国民の「無関心」「無責任」「無作為」

久しぶりにTogetterでまとめを作った。
烏賀陽(うがや)弘道さんによる、民主主義の危機を憂うツイートまとめ。

現在の日本の民主主義の惨状は、全て私たちの長年の無関心と無責任と無作為の結果。特定秘密保護法もその一つ。
http://togetter.com/li/597840

山田太郎参議院議員からの緊急情報。児童ポルノ禁止法が臨時国会で審議されるかもしれない。

11月27日、山田太郎参議院議員みんなの党)から急きょ、児童ポルノ禁止法が今の臨時国会で審議されるかもしれない、という情報がもたらされた。
そこで久しぶりにブログを起動して、取り急ぎ該当箇所の全文書き起こしを掲載した。

2013/11/27(水)
みんなのさんちゃんねる
提供:参議院議員山田太郎事務所
http://live.nicovideo.jp/watch/lv160501357
49:10分頃

山田太郎(以下、山田)
「さて、もう一個は緊急にお知らせしておく話があるのは、ちょっと名前はまだいえないのですけども、児童ポルノ規制法案を衆議院の法務委員会に出すという動きが、実は一気に

三谷英弘(以下、三谷)
「出てきましたね」

山田
「出て来てまして、これは何故かと言いますと、参議院側に法案が全部移ってきちゃったんで、衆議院暇らしい。暇なのでその間に法務委員会でいわゆる吊るしになっていた、というか審議がされていなかった児童ポルノ規制法案に関して議論しようという『ある政府高官』。ちょっと裏を取れていないので、そういう情報が、一報がちょっと今日入ったんですけども。えー、がありまして、かなり政府の高官です。えー、が、自民党の政府高官です。

が、出してきた問題。ちょっとこれは注視してやらないと、もちろん通りません。あのー会期的にもう間に合わないので、たぶん通らないんですが、我々の方の読みとしては、まず全くこんなもの出す余裕もないと思ったんですけど、かなりビックリ。本気だ。ということと、もう一つは何故この人が出してきたのかよく分からないんですね。よく名前が出てきた人達とはちょっと無いんですね。

という別の政府高官であるという話と、もうひとつは青少年育成法という法律で、別件で切り離して出してくると思ったら、児童ポルノ規制法のいわゆる附則の中のアニメの規制という事で、出してきてるという事なので、ちょっとですね、警戒して情報を得とかないとマズイなと思ってまして。これに関する戦い方も、何でもかんでも反対したら数の力で押し切られるので、えーと、何は賛成して、何は修正または反対させるかってのは、あのー、たぶん我々とか我が党らしい戦い方を、たぶんすることになるのかなと。

今回秘密保護法に関する戦い方ってのは一つ、あのー見えてきたので、これ、たぶんあのー、争点になっちゃうと、そのまま丸っと通ってしまうので、少しちょっと警戒はしているということですね。で、えー、この勢いで行くとたぶん通常国会に出るのかな、と、まあいうようなことなので、(「政府の高官」とは谷垣法相か?というコメントに対し)ちなみに谷垣さんじゃありません(笑) あの、谷垣さん私の高校の先輩なんで。今、法務大臣ですけど。あのー、ちょっとですね、その辺は情報をきめ細かく入れてですね、皆さんにある程度リークしていくと、いう風にしたいという風に思っています。」

次に衆議院の法務委員会が開かれるのは11月29日(金)である。
これが事実ならほとんど時間がない事になる。
反対の声を上げたい人は、急きょ地元の国会議員にメールや手紙等で意見を送った方がいいだろう。
FAXや電話は先方に迷惑(FAXは送信料の負担が先方に発生。電話は仕事を中断させる)がかかるが、時間がないという事情もあるので、各自の判断と責任で。
ただし感情的になってはいけない、冷静に。また住所や氏名などの連絡先明記を厳守のこと。

また以前反対の声明を出した諸団体に急遽知らせる事も重要。

■11月28日追記
29日の法務委員会はどうも開催されない模様。秘密保護法の問題が尾を引いているのか、他の要因かは不明。
ただ臨時国会会期末まであと一週間残っているので、引き続き注視が必要だろう。

内閣府が知財計画2013のパブリックコメント募集中。「著作権非親告罪化」「法廷賠償金制度導入」へ反対の声を上げよう。

現在、内閣府で検討されている知財計画『知的財産推進計画2013』『知的財産政策ビジョン』がパブリックコメントを募集している。

これら計画は今後の知財問題(著作権)の趨勢を占う非常に重要なものだ。
現在、TPP交渉では知的財産(著作権)規定で、「著作権非親告罪化」、「法廷賠償金制度導入」、「違法DL罰則化を動画や音楽だけでなく全著作物に適用」、「違法な接続3回でネットを遮断できるスリーストライク制」などの制度が導入される危険性が高まっている。

TPP参加が不可避となりつつある今、これらが導入されてしまえば、同人だけでなくニコ動MADやSS、まとめサイト、Pixivなどはもちろん批評や感想、記事を写したニュースサイトまで著作権法違反で取り締まられる危険が出る。ネット上の自由な表現活動は大きく阻害されるだろう。

今、私達が享受しているネット上の表現活動、とりわけ二次創作文化を今後も維持・繁栄させていくためにも、是非ともこれら条項の反対意見を送って欲しい。

そして同時に、今回の『知的財産推進計画2013』『知的財産政策ビジョン』では、二次創作の推進やフェユースの制定が提言されているので、そちらへは是非賛成意見を送って欲しい。

なお二次創作の推進やフェユースの制定が提言されていると書いたが、具体的にはこの様になっている。

『これまでの専門調査会・ワーキンググループの議論をふまえた論点整理』
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/tyousakai/contents_kyouka/seisakuvision/dai2/siryou02.pdf
P6 「クラウドネットワーク、ソーシャルサービスといったメディアの進展等を踏まえ、UGC等の二次創作を含めたコンテンツの創造や活用の促進を図るために、クリエイティブコモンズのソフトロー化を検討すべきではないか 」

※「UGC」……プロの作り手ではなく一般の人々によって作成されたさまざまなコンテンツの総称。特にブログ・SNSWiki、HPなどにUPされた文章、画像・写真・音声・動画・アニメーションなどのオンライン・コンテンツの総称。

P12 「今回の改正著作権法で導入された権利制限規定はまだまだ突破力に欠ける」「知財戦略本部として、もう一度フェアユースの問題を含め、将来に対 応できるような法制が何かを検討すべき。(専門調査会)」

意見が少なければ、反対があまりなかったと判断されてしまう危険があるだろう。
絶好の機会なので、一人でも多くの人がパブコメに意見を送って欲しい。

パブコメの締め切りは【平成25年3月22日(金) 17:00必着】

【「知的財産推進計画2013」及び「知的財産政策ビジョン」の策定に向けた意見募集】

 知的財産戦略本部では、現在、「知的財産推進計画2013」及び「知的財産政策ビジョン」の策定に向けて検討を進めています。
 つきましては、「知的財産推進計画2013」及び「知的財産政策ビジョン」の策定に当たり、広く国民の皆様から御意見を募集いたします。御意見は、下記の要領にて、御提出いただきますようお願い申し上げます。なお、いただいた御意見の全てを計画に反映することができない場合がございますので、予め御了承下さい。

募集期間
平成25年2月27日(水)〜3月22日(金)
募集テーマ
「知的財産推進計画2013」及び「知的財産政策ビジョン」の策定に当たり、新たに盛り込むべき政策事項等について。

《参考URL》
知的財産戦略本部
  http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/index.html
・「知的財産推進計画2012」:
  http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/kettei/chizaikeikaku2012.pdf
・知的財産政策ビジョン検討ワーキンググループ:
  http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/tyousakai/contents_kyouka/seisakuvision/index.html
・これまでの専門調査会・ワーキンググループの議論をふまえた論点整理:
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/tyousakai/contents_kyouka/seisakuvision/dai2/siryou01.pdf
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/tyousakai/contents_kyouka/seisakuvision/dai2/siryou02.pdf
意見提出方法
 御意見は、4.の意見提出様式に従い、日本語で御記入の上、(1)〜(3)のいずれかの方法により、御提出下さい。
 なお、郵送又はファックスにて御提出の場合、別途、電子媒体の提出をお願いすることがありますので、予め御承知おき願います。

(1)電子メール
メール本文に、テキスト形式で直接書き込むか、
添付ファイル(テキストファイル、Wordファイル、又は 一太郎ファイル)として、
以下のメールアドレスあて、御提出願います。
○メールアドレス: iprpublic@cas.go.jp
(2)郵送
○送付先: 〒100-0014 東京都千代田区永田町2-4-12 内閣府庁舎別館3階
内閣官房知的財産戦略推進事務局 あて
(3)ファックス
○ファックス番号: 03-3502-0087

意見提出様式
(1)法人・団体の場合
法人・団体名(ふりがな):
担当者所属:
担当者氏名:
住所: (〒   -    )
電話番号:
ファックス番号:
電子メール:
御意見:

(2)個人の場合
氏名(ふりがな):
職業:
住所: (〒   -    )
電話番号:
ファックス番号:
電子メール:
御意見:

<御意見の書き方>
1.全文
(1) 複数の意見を出す場合、改行してご記入下さい。
(2) 御意見ごとに、その意見が「知的財産推進計画2013」、「知的財産政策ビジョン」のどちらの策定に向けた御意見か、文章の始めにご記入下さい。
 「知的財産推進計画2013」、「知的財産政策ビジョン」の両方に関する事項や、知的財産戦略や知的財産推進計画全般に関する事項は、文章の始めにその旨をご記入下さい。
2.要旨
(1) 全文が1,000字を超える場合、200字以内で要旨も御記入下さい。
(2) 全文で複数の意見を記述している場合、要旨も意見ごとに改行して御記入下さい。

内閣府が知財計画2013のパブリックコメント募集中。

毎日鬱になるニュースばかりで、ブログを書く気力もなくなっていたので、だいぶ放置してたけど、こればかりは重要だと思って再起動した。

安倍政権、TPPに前のめりの姿勢。売国にまい進する愛国者の喜劇。

2ヶ月ぶりの更新。
先の総選挙は予想されたとおり、野田の自爆解散で民主は存続事態が危ぶまれるほど凋落。一方の自公は320議席越えの大勝となった。
その安倍政権が、選挙期間中は反対をほのめかしていたTPP交渉の参加に対し、ここに来て、前のめりの姿勢を相次いで打ち出している。

日本経済新聞2012年12月21日
『自公、TPP「最善の道求める」 連立合意書案 公約より前向きに』
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2002O_Q2A221C1PP8000/

日本経済新聞2013年1月6日
『自民政調会長、TPP交渉参加容認の意向』
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDY06001_W3A100C1000000/?dg=1

共同通信2013年1月5日
『競争力会議、長谷川氏ら起用へ 竹中元経財相も』
http://www.47news.jp/CN/201301/CN2013010501000799.html

与党合意文書では「『聖域なき関税撤廃』を前提にする限り参加反対」の条件が消え、「最善の道求める」内容でまとめられ、公約よりTPP参加に前向きな内容となった。
また日本経済再生本部の傘下に設ける「産業競争力会議」もTPP賛成派で固められつつある。
経済同友会の長谷川閑史代表幹事(武田薬品工業社長)、元経済財政担当相の竹中平蔵慶応大教授、共にTPP早期参加賛成派だ。
事実上、国会が始まる前から公約違反という展開だが、自民に対抗しうる(政権を取りうる)勢力が一掃された事によって、その本心が出てきたと見るのが妥当だろう。

一方のTPP交渉は2013年10月の妥結を目指しており、現段階で交渉参加を表明したところで、もはやルール作りに関わるのはほぼ不可能な状況になっている。
大筋ではすでに合意に至っている模様で、3月からは関税撤廃の例外品など個別分野での、詰めの議論が交わされる。
しかし仮に年始早々に参加表明をしたとしても、米大統領が90日前までに議会に通知するルールがあるため、最短でも4月以降になる。
もちろんこんなスケジュールが実現するはずも無く、現実的には交渉参加でルール作りに関わるのはほぼ絶望的。
妥結された内容を丸呑みするか、参加しないかの二通り以外に道は無いという事になるだろう。

冷静に考えれば、もはやTPP交渉参加によって国益を守る道はほぼ絶たれたのだから、代わりに交渉参加11ヶ国それぞれとのFTAを結ぶなどの代替手段を講じるべきなのだが、安倍政権にはそれを考えている様子はまるで見られない。

こうした背景には、アメリカからの強い要望があるからと考えられる。

日本経済新聞2013年1月5日
『TPP「決断、参院選前に」 安倍政権の懸案、米CSIS所長に聞く 原発、安保上も重要 日中の衝突、米は望まず』
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO50292360V00C13A1FF2000/
(全文はこちら)
http://www.asyura2.com/12/senkyo142/msg/347.html

――オバマ政権は日本のTPP参加が「死活的に重要」との立場です。

 「2期目のオバマ政権は1期目よりも貿易政策の優先順位が高い。オバマ政権が欧州連合(EU)と自由貿易協定(FTA)締結交渉を強力に推進しているのは、その好例だ。TPP交渉は日本抜きで進んでいる。安倍政権はオバマ政権の貿易政策重視の方針とFTAやTPP交渉の現状を注意深く見る必要がある」
 「日本では多くの人が日本のTPP参加が米国の利益と日本の損失につながると考えているようだが、それは違う。TPPは参加国すべてが勝者になる枠組みだ。もし安倍政権が参院選前までにTPP参加を決断しなければ、米国は失望するだろう」

ジョン・ハムレ所長のこの発言は何を意味するのか。
交渉に参加できず、自分の主張を何ら反映できない時点で、「参加国すべてが勝者になる枠組み」は存在しない。
言ってしまえば、TPPによって日本の米国化、そして完全なる属国化することを求めているのだ。
この発言の真意はアメリカから見て日本の米国化、属国化が日本にとって幸せになる道と考えてる、と解釈するのが妥当だろう。
そこには日本の文化や伝統、歴史や風土、慣習への配慮などは微塵も見られない。

こうしたアメリカの姿勢はTPP交渉においても漏れ伝わっており、例えば日本でもようやく注目されつつある著作権非親告罪化の問題でも、反対姿勢を示す交渉参加国からは「アメリカのやり方を押し付けないで欲しい」という声が上がっている様だ。
TPPの本質が、基本的に交渉参加国の法体系の米国化を目指したものであるなら、その究極の目標は交渉参加国の米国化であり、そのターゲットに日本があるのは疑いようは無いだろう。

TPPは多国間条約だ。
一国対一国の条約と違って、不平等だからと言って改正するも、また国益に沿わないからと言って脱退するのもはほぼ不可能。
さらに条約は法律の上に存在するため、国内法による是正もできず、逆に条約に沿った法整備しか出来ない。
事実上、国民主権も取り上げられる形となる。

文字通り「国を売る」としか形容できないのが、TPPの本質だろう。
保守だの愛国だの言ってる連中が、真っ先に国を売ろうとしているとは、なんたる喜劇か。

―――愛国心とは、ならず者達の最後の避難所である。

サミュエル・ジョンソン(18世紀イギリスの詩人・批評家、1709〜1784)

自由は死んだ。万雷の喝采と共に。11月16日に衆議院解散。

野田佳彦は戦後最悪の暗君として語り継がれるだろう。

二大政党制をここまで破壊した先にあるのは、翼賛体制の独裁政権だ。

我欲の人をリーダーにしてしまった日本は不幸といわざるを得ない。
次期首相であろう安倍もそうだし、石原も橋下も我欲の人間。

日本は根底から我欲の政治家や官僚に食いつぶされるだろう。
民衆の喝采と共に。

パドメ・アミダラ 「自由はこうして死ぬのね。万雷の拍手を浴びながら」

スターウォーズ・エピソード3より

なお、自公政権が作ろうとしている世界はここに記されている。

「国民の基本的人権は国家が自由に剥奪できます」という自民党改憲案のトンデモ内容まとめ
http://togetter.com/li/294319
【個人の尊重の否定】公民の先生が呆れかえる自民党改憲案の問題点の凄まじさ【立憲主義の否定】
http://togetter.com/li/294854
立憲主義を知らない自民党憲法起草」委、事務局長、「礒崎陽輔」議員に関する法律関係者のコメント
http://togetter.com/li/311536
ドキュメンタリー監督、想田和弘氏が抱く改憲への危惧。 「自民改憲案を認めると、僕らの基本的人権が事実上なくなってしまうよ」
http://togetter.com/li/296331
自民党憲法改正案が立憲主義に挑戦しまくってて悪質すぎる件
http://togetter.com/li/294508